経理と会計と音楽と。

主に会計人としての仕事、趣味の音楽活動についてを紹介するブログです。

現場で体験した、「仕事ができない人」の特徴

 

このところ、自分が働いている会社の緩さと甘さに腹が立っています。

先日提出した業務内容の自己申告書には、管理職に対して

「自分も含め周りの人間の指導をもっと厳しくしてほしい」

と記載してしまいました。

 

平社員のペーペーが何言ってやがる、と一蹴されてしまいそうですね。

しかし過去に様々な業界で仕事をし、転職を繰り返して今の会社に至った自分にとってはこの緩さが良い反面、悪い面を生み出していることにいち早く気づきました。

その悪い面とは

「社員が社会人としてのスキルを十分に身に着けていない」

ということです。

 

報告・連絡・相談の仕方や仕事の進め方、業務遂行に関わる心構えというのは言ってしまえば「スキル」です。

知識や経験を積み、上司や先輩の指導を受けていけば個人差はあるものの自ずと身に付いてきます。

しかし、うちの会社にはどうもこの部分が不足している。

結局業務は出来る人に集中し、スキルの足りない人は足りないなりの仕事しかしないという状況が続いています。

これでは企業の成長は有りえませんね。


今回は、筆者自身が感じた仕事の出来ない人、スキルの足りない人に共通する特徴を記していきたいと思います。

この記事を見て、反面教師や今後の教育の参考になればと思います。

では、仕事が出来ない人の特徴を挙げていきましょう。

 

 

 

1、勝手に思い込むクセがある→関係者に報告連絡相談をしない

仕事が出来ない人には、物事をすべて自己流に解釈して他人に確認しない、という特徴があります。

一人で勝手に業務を遂行して成功する例は稀です。通常なら関係者との共同作業と連携が必要です。

その際、誰にも確認しないで勝手に思い込み、取り返しのつかないところまで進めてしまうと失敗の元。

常に自分の進行状況と作業内容を客観的に見て、自分の行っていることは正しい道筋に則って正しく行っているかをチェックすることが何事にも重要なポイントです。

仕事だけでなく、日々の生活にも同じことが言えますね。

 

2、話が長い→簡潔に物事を話せない

仕事が出来ない人は、とにかく話が長いです。

ある事柄を人に説明する時、始めから終わりまですべて説明してしまいます。

説明に必要ないことも詳細まで伝えてしまいます。

もしくは、主語がなく何を言っているかわからない説明となることもあります。

こうなってしまう原因は、説明する側が「何」を伝えたいのかがよくわかっていないからです。

つまり、頭の中で話の中身を整理出来ていないのです。

どんな事柄が発生し、それに基づき何が起こったのかを理解できていないのです。

対策としては、まず落ち着いて冷静に状況を確認すること。

起きている事象を客観的に見ると比較的落ち着けます。

短い時間でスパッと物事を言えるようになれば、受けた相手にも周りの人にも頭の回転が早いと思われます。

 

3、相手の立場になって考えない→気が利かない

仕事が出来ない人は、常に自分目線でしか物事を考えません。

相手の立場になって考える、ということが苦手、もしくはそもそも出来ない人です。

企業活動は、社内で言えば同僚や上司などの仲間、社外で言えば得意先や外注先など沢山の人達との関わりがあります。

どんなに自動化や機械化が進むビジネスシーンにあっても、人と人との関わりは絶対に無くなりません。

関係する相手の便宜を図ったり、相手の利益になるようなことを提供するのがビジネスの基本。

その基本を守っていくのに、相手の気持ちになって考えるのは基本中の基本です。

この基本中の基本が欠けていると仕事は出来ません。

日々の業務のちょっとしたことでも、

「この人ちょっと気が利かないよな・・・」とか

「この人周りで起こっていることに一切関わろうとしないな・・・」

と思われている人は、大抵仕事がお粗末です。

※性格上気が難しいとか気性が荒いという場合は別です

 

気が利くようになるのも仕事を進めていく上で重要なスキルなので、新入社員やまだ業界で経験の浅い人などはまず気が利くようになることを意識すると良いでしょう。

 

4、仕事をしている意味や目的がない、もしくは希薄

仕事ができない人は、自分の仕事に対してのモチベーションが非常に希薄です。

つまり、働く目的が希薄である、ということです。

 

皆さんは何のために労働をしていますか?

お金のため?

家族を養うため?

自分の自己実現のため?

この際理由は何でもいいです。

そういう筆者もお金と自己実現のためです。

何が言いたいかというと、働く意味や目的を持っていない人は、持っている人よりも弱いということ。

理由は何でもいいから、働いて得られるものに対して努力しようとする気持ちがある人のほうが成長し、成功するということです。

働くモチベーションがしっかり有り、それに対して努力や真剣さを出せる人は自ずと仕事をするスキルが身に付き、逆にモチベーションのない人はいつまで経っても成長しません。

結果、同期入社でも収入や地位に大きな差が生まれることになるのです。

 

なぜ働くのか?という質問に対して、明確な答えを出せない人はいませんか?

明確な目的を持つこと、これが仕事ができる人になることへの第一歩だと思います。

 

 

「選択」と「集中」の理論を使えば誰でも成長できる

 

 

何か、事を始めようと思ったときにまずこの言葉を思い出してください。

「選択」と「集中」。

 

人間は誰しも、限られた時間の中で生きています。

その限られた時間の中で、あれもこれもやりたいことを全部しようとしてもそれを実現できるのはごくわずかの人たちです。

ごく僅かというのは、それだけの欲望を全部達成できる富や財、そして時間をを持っている人のこと。

大多数の人は、限られた時間と財力の中でアクションを起こさなければなりません。

 

本気で何かを成し遂げたいとき、それに費やす時間と労力を惜しんではいけません。

その為、有限の時間の中でその「何か」に費やす時間を「選択」し、時間と労力を「集中」させる必要があります。

そうでないと、結局目的を達成できず時間・労力・財力を意味なく消費するだけとなってしまいます。

経験という意味では一つの糧になりますが、それも質の問題です。

何かを成し遂げるには、「選択」と「集中」をすることが必須です。

 

ここまで言うとごく当たり前のことを言っているようですが、実は意外と出来ていない事が多いのです。

 

 

身近な例を挙げましょう。

今、私の勤めている会社の同僚の女の子が、一人暮らしをしたいと言っています。

その子は実家の近くでいいので、一人で暮らしたいと言っています。

家賃は7万円前後でなるべく広く、築年数は少なめ。

色々と希望が多く、ガスは都市ガスがいい、電化製品は最新機種を使いたい、時短ができて便利な家電は導入したい、などなど。

 

ここで問題となる事柄がたくさんあります。

問題、というより現実と反り合わない事実、と言っても良いでしょう。

まず一つ、実家の近くで一人暮らし、という部分に難点があります。

合理的・経済的な考えでいうと、実家の近くで一人暮らしをするメリットはありません。

余計に出費が増えるだけです。

家庭の事情もあるでしょうが、経済的な観点でいえば実家を出ないという「選択」をすることが賢明ではないでしょうか。

 

 

そして一人暮らしをする際の条件。

条件をよくすればするほど、経済的な負担は大きくなります。

そして彼女の収入との照らし合わせが重要です。

彼女の話を聞くと、現在実家では最新モデルの家電を常に揃えているという、家計的には大変恐ろしいほど出費をしている家庭事情のようです。

その環境の中で育った彼女は、洗濯機も乾燥機付きでないと満足しない、浴室は乾燥機付きでないと洗濯物が干せない、料理はしないけどレンジはオーブン機能も欲しい、掃除機はサイクロンでコードレスで吸引力が変わらないやつが良い、中古品は嫌だ…という感じで、欲が尽きません。

 

これらの希望を全て叶えるのに、どれだけの経済的負担が必要でしょうか?

大抵の家庭では家電を一つ買うのも大きな出費。

それを一気に揃えるつもりでいれば多額の出費が出ます。

自分より等級の低い役職に就く彼女の経済事情を考えると、とてもじゃないですが無理な話です。

仮に貯蓄があったとしても、そんなことで貯蓄などを使ってしまうのはいささか勿体ないです。

 

一番現実的なのは、入居時にはとりあえず出来合いの家電や中古品で済ませ、徐々に欲しい物を揃えていくやり方ではないでしょうか?

これも「選択」の一つです。

また、本当に必要なものだけを最初に揃えるという「集中」も関わります。

 

結論から言うと、一人暮らしをしたい、という目的を達成するために、限られた時間と財をどのように「選択」し、選んだものに「集中」して時間とお金を使うか、ということが必要です。

おそらく今の彼女の考えは、机上の空論ですべては実現しないでしょう。

 

 

 

「選択」と「集中」。

この基本を押さえないと、必ず失敗します。

何でもそうです。

達成や成功は「選択」と「集中」無しには生まれません。

逆に言い換えれば、正しく「選択」と「集中」を行えば、成功に近づけます。

自分自身の人間としての成長や、知識や経験の獲得、そして目的達成は、その為に必要な行動を「選択」し、時間や労力・財力を「集中」して費やすことが必要なのです。

 

どんな人でも、この「選択」と「集中」の行動を行えば、必ずレベルアップすることが出来ます。

何か目的を達成したい時、自分自身を高めていきたい時、必ず「選択」と「集中」を忘れずに実行していきましょう。

 

 

今年も買いました、税務手帳2019。

 

こんにちは。

2019年に入ってもう半月、一年の1/24が終わってしまったとSNSでつぶやいている友人もいましたが、遅ればせながら今年も税務手帳 2019年版を入手しました。

 

f:id:sweat-chin-music:20190115132601j:plain

 

 

 

税務手帳とは何ぞや?

良く知っているのは、税理士や会計事務所に勤めた経験のある人だと思います。

管理人も、会計事務所時代に初めてその存在を知りました。

 

税務手帳は、

経理や会計事務所職員向けのビジネス手帳」

なんです。

 

文庫本よりも小さく、男性ならスーツのポケットにスッと入ってしまうぐらいのサイズ。

でもこの中には、とてつもない情報量が入ってるんです。

例えば、

  • 各月ごとの税務・申告関係の一覧表(チェックリストとして使用できます!)
  • 国税庁国税局の所在地と連絡先(問い合わせに使用できます)
  • 法人税・消費税など、各税目ごとの通則(見返すことが多いです)
  • 固定資産の耐用年数表(パッと見られてとっても便利!)
  • 給与所得の源泉徴収税額表(これもパッと見られて便利!)

など、職務上欠かせない情報ですが覚えておくのが困難である内容が、ちょっと開けばすぐ調べられるようになってます!

 

 

仕事でよく使うのは、印紙税と消費税の金額ですね。

「この契約書では収入印紙を何円分使うのかな…」という感じで、いちいち覚えておくのが面倒なので、よく調べます。

ホントは覚えておくのが一番なんですけどね。

また、消費税も2019年10月から始まる(とされている)10%への増税にも対応した内容が記述されているので重宝します。

仕事をしていると頭の中からすぐに出てこない知識があるので、そういう時に非常に重宝します。

税務手帳は、税務のポケット事典と思って使ってもよいのかもしれません。

 

ちなみに、この税務手帳はAmazonで購入すると、1,000円前後の値段です。

決して高くはありません。

 

 

会社の経理担当者の方、経理部門の所属長の方。

自分が調べたい情報をすぐに見られて、しかも手元に置いておけるこの税務手帳、1社に1冊いかがでしょうか?

最低会社に1冊あれば、とっても重宝する手帳です。

実際手に取ってみると、その使い勝手の良さ、感じられますよ!

 

 

会社に寄生するバカになってはいけない ~常に自己研鑽をしていこう~

 

 

年末までは激務に追われて非常にピリピリした生活をしていて、正月休みにはその緊張の線が緩んで風邪をひいてしまった管理人です。

12月の激務の中、自分が所属する部署でも時間に追われてドタバタしていた自分のような人と、そんなのはお構いなしにマイペースに定時に帰社していた人がいました。

皆が忙しい時に限って忙しくない人と言うのは、大抵その人は仕事のできない人だと言えます。

なぜなら、仕事をこなせる人に仕事が集中して、こなせるスキルがない人にはそれが回ってこないから。

それに気づかずにマイペースに生きている人、私は苦手です。

苦手と言うより、信用できません。

そういう人とは人間的な付き合いをあまりしたくないと思っています。

 

周りが忙しいのに自分だけが忙しくない、という状況はちょっと周りを見回してみれば一目瞭然です。

その状況に本気で気づかないバカなのか、それとも見てみぬフリをする徳のない人なのか、どちらかわかりませんが、とにかくそういう人は集団の中では疎まれること間違いありません。

 

 

皆さん、想像してみて下さい。

自分が仕事をしている中で、一番仕事が出来ない人間だとしましょう。

それで同僚や先輩が自分のフォローをしている。

自分の仕事が忙しいのに、自分のミスや不手際をカバーしてくれる。

そういう人たちに対し、どういう感情を覚えるでしょうか?

 

一般的には、「周りの人たちに申し訳ない」だとか「もっと自分が成長しなくては」と思うのが普通だと思います。

だって周りに迷惑をかけている、ということに気づくはずですから。

自分が逆に立場に立った時、その相手に「もっと仕事できるようになれよ」と思うはずですから。

 

しかし残念なことに、それに気づかないバカというのが必ずいます。

はっきり言いましょう、そういう人間はバカです。

会社という集団の中にバカは要りません。

なので、そういう人たちは会社に要らないのです。

 

 

会社の中でバカ、と言われてしまう人は、会社のお荷物の存在であり、会社という集団のなかで仕事が出来る人の利益に便乗しているだけの寄生型人間です。

そういう人は、普段仲良くしている同僚や先輩後輩からも実はバカだと思われています。

普通なら気付かれます。

言動や普段の様子を見て、大抵の人はこの人はちょっとおかしい、と思うはずです。

 

もし、あなたがそういうバカだと思われていたら、どうですか?

嫌ですよね。

悲しいですよね。

悔しいですよね。

 

もしこういった感情も湧かないのであれば、それはもう修正できないどうしようもないバカです。

そういう人にはあの手この手で辞めてもらうよう訓告しましょう。

 

少しでもバカだと思われることに対して感情が動くのであれば、自分の人生を見つめなおして再出発しましょう。

一番簡単に再出発する方法は「自己研鑽」をすることです。

仕事でも、プライベートでも、家庭生活でも、何でもいいんです。

日々の生活や仕事の全てを良い勉強、良い経験だと思って自分を成長させていくことを意識するだけでいいんです。

これまでも学校生活や友人関係、親子関係、そして仕事で、意識しなくても学んできたことは多いと思います。

これまで学んできたことで終わりなのではなく、今現在も何でも勉強だと思ってチャレンジし、試行錯誤し、時には失敗しながら一歩ずつ成長していく事が誰にでも必要なことなんです。

 

バカと言うのは大抵何にも学びません。

自分が失敗しても「もう二度と同じ失敗はしない」と思うこともありません。

考える能力、思考能力に劣っています。

もしくは努力する、という思考回路がありません。

 

少しでも努力できる人は、日々の生活を自己研鑽だと思うだけで人として成長することが出来ます。

皆さん、決して会社に寄生するバカになってはいけません。

必ず、後ろ指を指される存在となってしまいます。

それに耐えられますか?

 

私は耐えられません。

だから自己研鑽します。

人として成長していきたいと思います。

 

 

競馬で大金を獲得したら確定申告の必要があるかも?

 

地方競馬のライブ映像無料配信中!
地方競馬へ投票するならオッズパーク

 

こんにちは。

管理人は経理職という職業上、税に関する知識は一般の人よりも多少あるので知っているのですが、

競馬や競輪・ボートレースで獲得した当選金総額が年間で高額になったり、大穴の万馬券を当てて高額配当をGETすると、確定申告をする必要があるってご存知ですか?

 

週末の競馬観戦に、持って行きたい・・・アイテムをここで手に入れよう!!! ターフィー通販クラブ 競馬が好き 馬が好き

 

管理人が大好きな競馬。

いつかは万馬券を当てて大金を稼いだり、年間の収支をプラスにして少しでも多くのお金を稼ぎたいと思っているのですが、実際稼げてしまうと確定申告の必要と個人の所得税額が増えてしまうのでちょっと面倒なんです。

なぜかと言うと、競馬や競艇、競輪などの投票券を買って得た当選金、テレビやイベントのクイズ大会で獲得した賞金は、所得税法

「一時所得」

という所得に分類されます。

 

一時所得は、上記のような当選金や賞金、満期保険金の収入などが該当します。 

この一時所得の金額が大きくなると、確定申告をする必要があるのです。

 

具体的な計算方法は以下の通りです。

 

一時所得=該当する収入の金額その収入を得るために発生した費用-特別控除額(最大50万円)

 

この計算式は簡単に言うと、まず最初に当選金などの収入金額からその当選金を獲得するために必要だった経費を差し引きます。

競馬や競輪なら、その勝ち分の投票券を購入した分の金額です。

気を付けなくてはならないのは、

ハズレ分の投票券の金額は経費に含まれない

という事です。

当たった分だけの投票金額を必要経費としてマイナスします。

 

更にそこから特別控除額をマイナスします。特別控除額は最大50万円。

つまりそっくりそのまま50万円をマイナスすればOKです。

このように計算した後の残額、その金額が一時所得の金額となります。

 

なぜ必要経費が当たり分だけの投票金額なのか?

その理由は、結果論ですがハズレ分は買わなくても当選金は獲得出来るからという見解からそうなっているようです。

そうなると必要経費というのはかなり狭い範囲になりますので、計算する時は注意しましょう。

 

 

 一時所得は確定申告時に総合課税というカテゴリで扱われ、給与所得や配当所得などの金額と合算して所得税を計算します。

その際、一時所得はその金額の2分の1の金額を合算する、という決まりになっているので、よほど高額な収入を獲得しない限り、大きい影響はないと言えます。

ですが、この一時所得の申告を面倒だからと怠ったり、知らなかったので申告しなかったりすると、税務署からの通達を受け、追加で課税されたり過怠税を賦課されたりする可能性もあります。

税務署は個人個人の毎年の所得金額を記録しているため、所得に合わない高額な買い物や契約を交わしていることがわかると調査を始めますので、必ず申告は行いましょう。

 

ちなみに、一時所得の中でも非課税とされているものもあります。

例えば宝くじの当選金は、非課税とされています。

おそらくその購入代が公共サービスの資金の一部となっている背景を汲みしたものと思われます。

 普段はあまりギャンブルをしないという人でも、賞金や当選金には課税される可能性があることぐらいは知っておいたほうが良いでしょう。

 

ということで、今回は賞金・当選金と一時所得、所得税についてお話ししてきました。

管理人のように公営競技が好きな人間は一度のめり込むと大抵お金を失って失敗しますので、賭け事の行為自体を楽しく思えるような付き合い方でいくと、生涯楽しめると思いますよ!

管理人もギャンブルが好きという面だけでなく、レース競技を見に行くという観点からも競馬が好きで、一番楽しいのは予想をしている時だと思っているので、ひとつのスポーツを観戦するのが好きと考えて競馬を楽しんでいくのがベストだと思っています。

【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!